かさまリビングは、[埼玉県]坂戸、若葉、鶴ヶ島の賃貸不動産、駐車場、売買物件を取扱う不動産です。

MENU

2020.07.10

【工夫次第でおしゃれに】3点ユニットバスで過ごすポイント

本来ユニットバスとは、予め天井や浴槽、床、壁などを作っておいて建設中の住居に搬入した時に組み立てるもののことを指します。なのでみなさんのご自宅もユニットバスといえます。

今回取り上げるのは、その中でも風呂・トイレ・洗面台がセットになった「3点ユニットバス」です。一般的にユニットバスといえば、これをイメージする方が多いのではないでしょうか。
3点ユニットバスを思い浮かべたとき、「お風呂とトイレが一緒」「狭くて使い勝手が悪い」といった印象を持たれている方が多いと思います。

もちろんお風呂・トイレ別の方が、使い勝手はいいと思いますが、3点ユニットバスに住むメリットもあります。

それは、「家賃が安い」こと。
風呂・トイレ別の物件と比較しても、駅チカで1~2万円違うことも多くあります。家賃は独身の方も地方から出てくる学生さんもなるべく抑えたいところでしょう。

そんな安く住める3点ユニットバスで、おしゃれに有効活用しながら住む3つの例をご紹介します!

部屋を出るときに困らないように「物を置くときのワンポイント」も併せて見て、参考になさってくださいね( *´艸`)

■あえて物を置かない、シンプルイズベスト

トイレットペーパーやシャンプーの詰め替えなどの雑貨は、ユニットバス外にラックを設けて置いてしまえば、最低限必要なものだけを置けますよ。

置くものは統一感があるとよりスタイリッシュに。100均にチューブ用のシールなども置いているので、ちょっとした工夫でさらに統一感がでます。
ワンポイントでシャワーカーテンを柄や色付きにするとよりおしゃれさUP!

▼物を置くときのワンポイント

〇洗面台に余計な負荷をかけないこと
洗面台を強く押す・重いものを置くなどの動作を日々行っていると洗面台が傾きます。
傾くと水漏れの原因にもなるので注意しましょう。

■物を置くけど整理しておしゃれに

View this post on Instagram

休みの日に工作。 1枚目 ユニットバスの洗面横に収納作りました。 ビフォー写真は汚すぎて見せれませんが、洗面台にモノを直置きしてたのでゴチャッとしてたし、使ってないものは黒カビが生えたりなど衛生的にもよくありませんでした。 必要なモノを選定後、配置を設定。一目でどこに何があるか、片付ける時も使用用途ごとに棚を分けたのでそこに戻さざるを得ない様にしました。 材料 ◯アイアンネット2000円くらい ↑白の塗装してるし、鉄ですがすぐには錆なさそう。 ホームセンターで2000円だしてお釣りきた。 ◯突っ張り棒×2 百均にて ◯インシュロック(結束バンド) ↑ホームセンターでも百均でも売ってる。何かとあると便利。 ◯ネットに引っ掛ける棚×3 百均 ↑近くの百均で6種類くらい大きさ、形のバリエーションがあったので適当なものを選びました。 作業時間 30分くらい △棚を選んだ時に一番下の棚が真っ直ぐ付く奴じゃなくて若干前に傾くやつだったのは失敗したなぁと思いました。ボトル類が真っ直ぐ立たんので置くスペースが少なくなってしまいましたね。 2枚目 どうしても収納スペースが少ないユニットバス。トイレットペーパーの予備とか置いとけるとこ作られへんかなと思いドアの上に棚を作りました。 突っ張り棒とプラチック段ボールをインシュロックで縛っただけなんであんまり重たい物は置けませんが、トイレットペーパー、予備のタオル、買い置きのもの少し奥には十分でした。 材料 ◯突っ張り棒×2 ↑この二本は百均でも300円で売ってました。 ◯プラ段 600×900 ↑プラチック製の段ボール構造の板。ホームセンターで購入。プラ段って商品名でした。軽いし水気も気にしなくていいし、加工もしやすいです。それに安い。400円くらい。 ◯インシュロック ↑プラ段に千枚通しで穴開けてドライバーで穴を拡張。そこに通して突っ張り棒に通しました。 作業時間 20分くらい △サクッと作れました。プラ段、ハサミでも切れるし。 地震きたら落ちてまうかもしれませんが、軽いものしか置かんし落ちても大丈夫そう。 耐荷重は2キロくらい。 #整理収納 #ユニットバス収納 #男の1R一人暮らし #実録1R一人暮らし #需要の有無は知りません。 #上手いこといったつもりなんで公開

A post shared by やまぐち ゆうき (@yamaguchi1108) on

物を整理しながら置くなら、トイレのロータンク(写真のトイレットペーパーが乗っているところ)上を活用するのが◎

この写真では、壁にワイヤーラックが置けるように工夫していますが、突っ張り棒を2本立てて、天井まで引掛けるスペースを作っちゃうのも収納力UPにつながります。

100均だけで組み立てできるので、収納スペースに困るなぁと思ったらぜひ挑戦してみてください!

▼物を置くときのワンポイント

〇重いものや負荷をかけすぎない
 ロータンク上に重いものを置くとロータンクの破損などが起こる場合があります。
本来であれば物を置かないことがベストですが、なるべく重いものを置かないようにしましょう。

〇壁にシールなどは貼らない
 シールを貼るのが一番簡単でおしゃれになりますが、剥がしたときに万が一跡が残ってしまうとシールを剥がす作業代を請求される場合があります。100均で強力なシールのフックなどが置いてありますが、オススメできません(;^ω^)

■トイレ側には置かないで、お風呂が側に物を置く

ドアを開けてすぐにモノがたくさんあるのはちょっとイヤだなという方は、浴槽側に物を置いてみるのはいかがでしょうか。

写真の商品は「シャワーラック」というシャワーの引掛け口に収納ラックをかけられるという商品です。ニトリさんやカインズさんも置いてあるので、気に入った形を探してみるといいかもしれません^^

浴槽側の収納では、コーナーラックや浴槽に引掛けるタイプの棚などもあるので、ユニットバスの使い方に合わせて使い分けてみるといいでしょう。

▼物を置くときのワンポイント

〇サビが発生しないように注意しましょう
ヘアピンやシェーバーなどの金属製の小物を濡れたまま放置するとサビが発生し、浴槽などのシミの原因になります。錆びてしまうようなものはなるべく置かないか、水分を拭きとってから置くようにしましょう。

いかがでしたか?今回はざっと3つほどご紹介しました。
他にもいろんな方がブログやインスタ、RoomClipで収納術を公開していますので随時抜粋してご紹介していきたいと思いますので、随時ブログをチェックしてみてください♪